NEWS

 

[OPEN CALL]

木村悠介 新作公演

『ハムレットの女たち』出演者募集

OpenCall - Women of Hamlet

様々な芸術領域を横断し、近年はベケットや金時鐘、司辻󠄀有香など先鋭的かつ周縁的な作家の言葉をミニマリスティックにストイックに、かつ大胆な切り口で演出してきた木村悠介が、初めてシェイクスピアに挑戦します。
シェイクスピア四大悲劇のひとつ『ハムレット』から主人公ハムレットと、たった2人の女性登場人物、オフィーリアとガートルードを抜き出し、独自の翻案でフェミニズム/ポスト・フェミニズム的視点から、現代を生きる全ての〈女たち〉に共鳴する新たな『ハムレット』を描き出します。
そしてこの度、本作『ハムレットの女たち』のクリエーションに参加する出演者を募集します。様々な個性が集結した創作プロセスを通して、演劇史と現代社会に呼応する刺激的な作品を共に作り上げましょう。

《募集内容》
  • ハムレット、オフィーリア、ガートルードのいずれかを演じる出演者3名。
  • セクシャリティ、ジェンダー、年齢、身体能力、経験不問。
  • 演出の意図を汲みつつ積極的な意見やアイデアの提起など共同作業に取り組んでいただける方。
  • ハムレット役を演じる出演者を含め、「女たち」という呼称を許容できる方。
  • 9〜10月の稽古と本番に参加できる方。(詳細は公演概要をご参照ください)
  • 出演料は18万円お支払いします。(交通費など必要経費込み。源泉徴収なし。チケット収入が予定額を一定程度上回った場合、相応の追加報酬あり。)

※芸能事務所や劇団などに所属している⽅は、各所の了承を得た上でご応募ください。 
※18歳未満の⽅は、保護者の了承を得た上でご応募ください。
※可能な限り公演参加者の報酬額を向上させるため、小さな座組で公演を実施します。そのため出演者としての役務だけではなく、設営や撤去作業などへの協力もお願いします。
※チケットノルマはありませんが、広報への積極的な協力を期待します。

《公演概要》

木村悠介 新作公演 『ハムレットの女たち』
2024年10月4日(金)〜6日(日) 3日間4回公演
会場:SCOOL(三鷹)

稽古スケジュール:
2024年
8月 読み合わせ(オンライン) 計5時間程度
9月 稽古(杉並区または練馬区公共施設など)計80時間程度
   ※稽古日時は各出演者の都合に合わせ調整します。

小屋入り期間:2024年10月2日(水)〜6日(日)

原作:ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』
翻案・演出:木村悠介
出演:オープンコールで選ばれた3名(役名:ハムレット、オフィーリア、ガートルード)
制作:金井美希
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京[スタートアップ助成]ACT_logo-01.jpg
主催:&Co.

《応募方法》

下記のリンクから応募フォームに必要事項や資料を記入・アップロードしてください。応募締切は2024年6月10日(月)23:59です。選考の上、必要に応じてオンラインでの面談などを行い、7月上旬までに全応募者に結果をご連絡いたします。

《お問い合わせ》
&Co.
E-mail: info@and-co.org

『ハムレットの女たち』にむけて

木村悠介 Yusuke Kimura

友人から「シェイクスピアとかやってみたら」と言われ、その提案があまりに意外すぎて、これまで全く考えてこなかったシェイクスピア作品に今回、挑戦します。率直に言って、僕はシェイクスピア作品に魅力を感じてきませんでした。同じ古典でもギリシア悲劇の泥臭さの方に関心があるし、日本の古典劇も、現代に生きる自分にとっての他者として面白さを感じます。チェーホフも好きです。でも、シェイクスピアは...。このシェイクスピア嫌いと言っても良い自分に、どんなことができるだろう?
そう考えた時に生まれたアイデアが『ハムレットの女たち』です。シェイクスピアを使って、シェイクスピアを批判する。それなら僕がやる価値があると思いました。そしてこの挑戦に参加し、創作を共にしてくださる出演者を募ります。僕もバイですが、できればいろんなセクシャリティ、ジェンダー、年齢、身体能力の方と一緒にできると嬉しいです。ただハムレット役を演じる方含め、ご自身の性自認はどうあれ、カギ括弧付きの「女たち」と呼ばれるのを許容できることを条件にさせてください。これは、僕のシェイクスピアへの反感を逆手に取って、シェイクスピアをひっくり返すための大事なコンセプトです。そして皆さんにとってのシェイクスピアやハムレット、そして、今を生きるリアルな感覚について教えてください。俳優としての経験がない方も大歓迎です。この『ハムレットの女たち』に参加してみたいと思えたなら、どなたでもぜひご応募ください。皆様のご応募を心よりお待ちしています。

木村悠介 KIMURA Yusuke

演出家、パフォーマー、「&Co.」代表、「gallop」共同代表。
舞台芸術を中心に領域横断的に活動し、<自他境界の撹乱>を通底するテーマに作品を発表。京都造形芸術大学で舞台芸術と映像芸術を、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)でメディア・アートを学び、2012年に渡独。ベルリン芸術大学 (UdK Berlin) 所属 Hochschulübergreifende Zentrum Tanz Berlin(HZT Berlin) 修士課程 Solo/Dance/Authorship (MA SODA)で身体を表現の基軸に据えたソロ・アーティストとしての教育を受ける。2016年に帰国。2021年に始動した長期プロジェクト「罵倒の作法」のスタートアップ・リサーチが京都芸術大学 舞台芸術研究センター 文部科学省認定「舞台芸術作品の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点」2021年度リサーチ支援型公募研究に採択。またパフォーマンス・グループ「gallop」では他3名との特定のリーダーを持たない共同演出による作品制作を行う。

これまでの演出作品
「罵倒の作法」03 司辻有香 新作上演『うぶごえ』

「罵倒の作法」03 司辻有香 新作公演『うぶごえ』(2023 / 東京)
個の奥底の叫びをえぐり取る司辻󠄀有香の新作を上演。

「罵倒の作法」02『日々よ、愛うすきそこひの闇よ』

「罵倒の作法」02『日々よ、愛うすきそこひの闇よ』(2022 / 東京, 京都)
ディアスポラの詩人・金時鐘の詩をテキストにした演劇作品。

サミュエル・ベケット『わたしじゃない』

サミュエル・ベケット『わたしじゃない』 (2016, 2019 / 京都, 東京)
「Boxless Camera Obscura(箱なしカメラ・オブスキュラ)」という独自の映像投影技術を用いた新演出。[Photo: Tomo Wakita]

『body-Sampling-body』

『body-Sampling-body』(2011, 2014 / 岐阜, デュッセルドルフ) 
舞台上の身体と分裂・増殖する映像の中の身体が現実と虚構の境界を侵食し合うメディア・ダンス作品。

これまでの作品の詳細はこちら:Yusuke KIMURA's WORKS

ARCHIVES

「罵倒の作法」03
 司辻有香 新作上演『うぶごえ』

「罵倒の作法」03 司辻有香 新作上演

世界中を飛び交う罵詈雑言や攻撃性に対抗する「罵倒の作法」第二弾クリエイションとして、個の奥底の叫びをえぐり取る司辻󠄀󠄀有香の新作を上演します。司辻󠄀󠄀作品の関東初上演に、これまでベケットや金時鐘の言葉にストイックかつ斬新なアプローチを行ってきた木村悠介が挑みます。本クリエイションでは散文体による司辻󠄀󠄀の新作執筆とその言葉をいかに俳優の身体が引き受けるのかに焦点を定めた上演を行います。

「罵倒の作法」プロジェクト詳細はこちら

身体はいつの間にか社会的になる。気がつけば、もうすでに全身が日々の生活のために制度的な機能を働かせる。権力に奉仕する身体。そのどうにもならない違和に向けて身体が言葉を書く。言葉を書くそばからまた違和が見つかり、言葉は果てしのない闘いになる。身体は欲望でみちあふれ、あなたを求めていたというのに。このわたしの身体を生活にあまんじる身体からあなたを求める身体へと作り変えるために言葉があるのだ。司辻󠄀さんの劇の言葉は闘いの言葉である。つまり、それこそが演劇なのだ。

松田正隆(劇作家・演出家)

【期間限定公開】

司辻󠄀有香(辻󠄀企画) 過去作品 

2023年7月7日(金)〜9日(日) SCOOL(三鷹)

司辻󠄀有香 Arika Kasatsuji
1981年、富山県出身。劇作家・演出家・俳優・辻󠄀企画主宰。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学) 映像・舞台芸術学科 舞台芸術コース第1期卒業。直截な言葉を用いて、生身の視点から愛を描く表現が「皮膚感覚的」と称される。作品に、『愛と悪魔』(第12回OMS戯曲賞佳作)、『I love you (In the bed)』(第2回京都芸術センター舞台芸術賞佳作)等がある。

木村悠介 Yusuke Kimura
京都造形芸術大学で舞台芸術と映像芸術を、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)でメディア・アートを学び、2012年に渡独。HZT Berlinで身体を軸にしたソロ・アーティストとしての教育を受け、2016年に帰国。扱う主題やメディア、表現形態の歴史や構造に着目し、<自他境界の撹乱>を通底したテーマとする。またパフォーマンス・グループ「gallop」でも活動を行う。 Web Works Biography

三鬼春奈 Haruna Miki
1985年生まれ。名古屋出身。 俳優。パフォーマー。 京都造形芸術大学(現京都芸術大学)映像・舞台芸術学科 舞台芸術コース卒業。 大学入学と共に京都に移住。18年間京都で活動していたが、2022年拠点を東京に移す。 主に俳優として活動しており、これまでに、努力クラブ、笑の内閣、カイテイ舎、等京都の小劇場を中心に出演をしてきた。木村悠介の、前作「罵倒の作法」02『日日よ、愛うすきそこひの闇よ』にも出演。 
また、共同演出・出演をメンバー全員で行うパフォーマンス・グループ「gallop」のメンバーで、「gallop」の全作品に参加している。

作:司辻󠄀有香(辻󠄀企画)

演出:木村悠介

出演:三鬼春奈

助成: 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 [ スタートアップ助成 ]ACT_logo-01.jpg

主催:&Co.

「罵倒の作法」02
『日々よ、愛うすきそこひの闇よ』

拭い難い記憶を抱えたまま、生きていかねばならない日々の中で紡がれた言葉。
<ディアスポラの詩人> 金時鐘の詩をテキストに、日本語を母語とする俳優たちが向き合う。

2022年12月
[東京]7日(水)〜11日(日) テルプシコール
[京都]21日(水)〜25日(日) The side

サミュエル・ベケット『わたしじゃない』の新演出で言葉と身体の関係を静かに、しかし激しく揺るがした木村悠介が、日本の現代詩においても特異な存在として多くの人々に影響を及ぼす金時鐘(キム シジョン)の詩を通して、日本語の内なる外の領域を探る。

戦後日本に渡り、「在日」として生きながら日本語で詩を書き続けてきた金時鐘。日本語への「報復」として編まれたその言葉は、「日本語」の言語体系に静かな撹乱をもたらす。

本作は長期プロジェクト「罵倒の作法」のクリエイション第一弾として上演される。
金時鐘の詩に込められた、ある人々の身体に刻まれた記憶と声。罵倒を押し殺して生まれ出たかのような言葉と、そのような言葉を抱えた生の在り方から編み出された「罵倒の作法」は、他者の言葉を語ることを生業とする俳優の身体とその在り方にどのように響くだろうか?

金時鐘 KIM Shijong
1929年朝鮮釜山市生まれ。父は元山市(現・北朝鮮)、母は済州市(現・韓国)出身。日本の植民地統治下で幼い頃から日本語に親しみ、皇国少年として育つ。朝鮮語に疎くハングルひとつ書き取れないまま16歳で終戦を迎える。その後、朝鮮人としての自覚を深めるとともに社会主義に共鳴。済州島四・三事件に関わり、1949年に両親を残し日本に渡る。同胞からの批判にも抗し、一貫して日本語で詩作を続ける理由を金時鐘は「日本語への報復」とある時に表現している。
詩集に『長篇詩集 新潟』(構造社)、『なくした季節—四時詩集』(藤原書店、高見順賞受賞)など。現在、『金時鐘コレクション』(全12巻、藤原書店)が刊行中。

演出:木村悠介
テキスト:金時鐘『集成詩集 原野の詩』(立風書房)

出演:磯和武明 伊藤彩里 井上知子 三鬼春奈 三田村啓示

照明:杉本奈月(N₂ / 青年団)
衣装;新庄範子
舞台監督:ステージワークURAK
演出助手:山崎恭子(居留守)
制作:金井美希

文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業

主催:&Co.

&Co.

舞台芸術を中心に領域横断的に活動してきた木村悠介が特定の個人名に集約されない多様な才能が行き交う場として2022年に設立。木村の長期プロジェクト『罵倒の作法』の企画制作を引き継ぎ、世界中を飛び交う罵詈雑言や攻撃性に対抗するリサーチやクリエイションを展開する。演劇、ダンス、現代美術、メディア・アートなど、様々な芸術領域を横断しつつ、芸術や社会、テクノロジーなどの歴史的文脈を見据え、現代社会やそこに生きる個人の内的な思考や感情、感覚を深く掘り下げ、鋭利な批評性や大胆なオルタナティヴを示し、既存の価値観や倫理観、社会への問題提起を行う。

Yusuke KIMURA's WEB